アメリカ留学、これから海外に挑戦するアナタにアドバイス!


こんにちは、

アメリカ・ニューヨーク在住、もうすぐ8年のかずとしです。

学生ビザで渡米後3年半で目標であったアーティストビザを取得し、

現在はアーティスト活動のみで生計を立てられるようになり、

少しずつではございますがアメリカで自分の夢を叶えてきている人間です。



本日も一日の活動を終え、自宅へと帰ってまいりました💦

今日は、オーディエンスにスパニッシュ(スペイン語を話すラテン系)

の人々が多く、少しスペイン語でやりとりをしました。


chapeu-de-cowboy-cravejado-com-duplo-bigode_318-41381.jpg



アメリカに来たことのない方にとっては、アメリカで何故にスペイン語??

と思われるかもしれませんが、この国では第2言語なので

スペイン語の普及率はハンパじゃありません。まじで。

実際、2年くらい前に、ニューヨーク市内のドミニカ移民の人口が

中国系移民の人口を超えた、というニュースがありました。

つまりは、ヒスパニック系の人口がそれだけ多いわけです。



これはニューヨークに限ったことではなく、

先日私が訪れたアリゾナ州もメキシコの文化がかなり強かったですし、

南のフロリダなどもキューバやプエルトリコからの移民が多いです。

(プエルトリコはアメリカ領土なので彼らはアメリカ人です)



2008年に私が初めてマイアミに旅行したときも、空港の売店に

スペイン語しか通じないところがあって、

そのときにものすごく焦ったのを覚えています💦



でも私はもともと他の言語を覚えるのが好きな方なので、

知り合ったメキシコ人やエクアドール人たちに少しずつ少しずつ

スペイン語の単語と発音を聞きまくって暗記していったら、

今ではすっかりレストランやカフェでオーダーから会計まで

できるくらいになりましたよ(笑)



私事ばかりになってしまいましたが、

つまりは人間は興味を持って取り組めばできるようになる!

英語も興味を持って取り組めばいずれは誰でも話せるようになる!

ということです。



考えてもみてください、

アメリカで生まれた赤ちゃん、3才児でも英語ペラペラです(笑)

てことは、日本語を話せるアナタなら英語も話せる素質は十分なわけです。



私のブログではいろんな英語学習法などをご紹介しておりますが、

とにかく自分に合いそうな教材やスクールを見つけて

楽しみながらコミットして一年も勉強すれば結構なレベルになることでしょう!



渡米・留学・転勤など、これから海外に挑戦するアナタには、

少しでも英語を身に付けてから飛び立って欲しいと思います。

絶対にその方が現地でのスタートがラクですよー。


今日はそんな話でした、おやすみなさい☆


この記事へのコメント